野菜にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか?

私達が普段よく口にしている野菜には沢山の栄養素が含まれています。
代表的な野菜の栄養素を簡単に紹介してみたいと思いますが、まずタマネギに含まれているアリシンという成分は血液をサラサラにしてくれる効果があります。

生活習慣病などに悩まされていたりすると、血液がドロドロになってしまい汚れているといわれていますが、
タマネギに含まれているアリシンをたくさん摂取することによって、コレステロール等が少なくなり、血液がきれいになります。

それから人参に含まれているカロチンはビタミンA の集合体となっていて、お肌の細胞を新しく作ってくれたり、キメを整えてツヤを与えてくれるような働きを持っています。

そしてこの数年でとても注目されているトマトのリコピンですが、リコピンには抗酸化作用があるので、細胞の老化を防いでくれます。
またトマトには抗酸化作用だけではなく、血液の循環を良くして老廃物を排出してくれるような働きがありますからダイエットにも繋がると言われています。

それからきゅうりにはカリウムが豊富に含まれているので、お酒を飲んでいる時などにキュウリを食べるようにすると、体内で水分のバランスがしっかりと保たれるようになるので、翌朝に浮腫んでしまうようなことを防いでくれます。

キャベツや白菜といったお野菜には食物繊維がたくさん含まれていますから、便秘に悩まされてしまっている人はできるだけ積極的に食べるようにすると良いと思います。
ただし、食物繊維は摂取するだけでは反対に便秘になってしまいますから、同時に水分を摂取するように心がけましょう。