野菜の鮮度を保つ保存法

野菜というのは種類によってそれぞれで、新鮮な鮮度を保つ保存法というのが違っています。

例えばタマネギであれば軒下に玉ねぎが連なってぶら下がっているのを見たことがあると思いますが、 なるべく風に当てるようにしておくことが鮮度を保つ保存法になっています。

キャベツなどの場合には芯を取り、芯の部分に水をしみこませたティッシュを詰めて新聞紙でくるんで冷蔵庫に入れておくと鮮度を保つことができます。

ほうれん草やニラといったお野菜は元々そんなに長く保存することができませんから、冷蔵庫に入れておいてできるだけ早く使うようにしましょう。

ジャガイモやニンジンなどは常温で保存をしても比較的長く、保存しておくことができます。
鮮度を保つためには、できるだけ通気性の良いものに入れておく方が良いと思います。
ビニール袋に入れておいてしまうと、お野菜から水分が出てしまい、その成分によって痛んでしまうことがあります。

ネギはきれいに水洗いをして根の部分をラップなどでくるみ、冷蔵庫に入れておくと良いと思います。
できれば泥つきのネギの方が鮮度を保って保存することができます。
泥つきネギの場合には、泥を落とさずにそのままの状態で新聞紙などにくるんで風通しの良い場所に置いておくと良いですよ。

お野菜によって鮮度を保つ保存法は違っているので、それぞれの保存法をしっかりと知っておくと良いですね。
最近では性能の良い冷蔵庫も出て来ているので、鮮度を保つことができるようになっていますが、 何でもかんでも冷蔵庫に入れてしまうと、美味しさを無くしてしまうようなこともありますから、やはり野菜にあった保存法を選びましょう。