薬膳インストラクターってどんな資格なの?

薬膳コーディネーター

薬膳インストラクターとは、全日本薬膳食医情報協会(ANY)にて認定されている資格です。
薬膳インストラクターは別名薬膳調理指導員とも言われています。

この資格を取得する為には、まずは初級である薬膳アドバイザーの資格を取得する必要があります。
この薬膳アドバイザーは全国の薬膳教育認可施設で年に二回行われています。

この薬膳に関する資格は、最終的に中級である薬膳インストラクター取得後、上級の国際薬膳調理師を取得する事が出来るようになっています。

これらの薬膳資格の上級である資格は中国政府の国家中医薬管理局所属の中華中医薬学会から与えられます。世界的に使える資格ということですね。

薬膳アドバイザー(初級) 【主催者】NPO法人 全日本薬膳食医情報協会:
中国中医薬研究促進会が認証する資格認定のための試験
(東京及び全国の薬膳教育認可施設で年2回実施)

薬膳インストラクター(中級) 【主催者】NPO法人 全日本薬膳食医情報協会:
中国中医薬研究促進会が認証する資格認定のための試験
(東京及び全国の薬膳教育認可施設で年2回実施)

国際薬膳調理師(上級) 【主催者】中国中医薬研究促進会:
試験は日本実行委員会が代行(東京・年2回実施)

全日本薬膳食医情報協会とは?

この資格を取得できる全日本薬膳食医情報協会は東洋の栄養学であり、中国に昔から伝わる薬膳を正しく認識し、生活に役立ててもらうような普及活動を行う組織です。

具体的には健康増進・医療費削減・農業の支援・自然への回帰、この4つを柱にして活動しています。
人は自然から遠ざかるほど病気になると言われていますが、自然に近い薬膳を摂取していく事で、健康増進に努めようというものですね。

薬膳は医学的知識が必要であり、体にいい食事ということだけではなく、しっかりそれを証明できることもポイントになります。

そういったことをプロの視点で行えるのが薬膳インストラクターです。
レストランなどでも使われていますし、毎日の生活を健康に過ごす為の食事の工夫としても活用できる資格ですよ。

>>全日本薬膳食医情報協会の公式HPはこちら