野菜コーディネーターってどんな資格なの?

野菜コーディネーター

野菜コーディネーターの資格はホールフード協会の認定資格の一つです。

もっとおいしく野菜を食べたい方、食関係の仕事をしている人、健康や美容を実現したい人、食育活動を行いたい人にお勧めの資格になっています。

教材は5冊のテキストを使用しています。
野菜や果物に関する基礎知識、食材の特徴の野菜編、果物その他編、野菜ではじめるエコライフ、栄養満点健康レシピの5つになります。

がくぶん総合教育センターが実施する野菜コーディネーター要請講座(通信講座)を修了すればOKです。テキストの他にDVD教材も付属しており、使いやすくなっています。
また通信教育ですので、講座に実際に行く必要がなく、自分のペースで進められるのもいいですね。
野菜のスペシャリストとして、幅広く活躍できる資格になっています。

野菜コーディネーターの資格の役立て方は?

野菜は食生活に大切な食材の一つです。

美容に関係する野菜や果物に含まれる栄養素や高価の知識なども勉強していく事になります。
その為、より効率よくダイエットや疲労回復、冷え性の解消など目的別のレシピも習得することが可能です。

野菜コーディネーターは多様な知識を学習しますので、資格取得後は家族との生活のサポートとしての意味もありそうです。
この資格に主婦層の人気が集まるのも納得というものです。

野菜ソムリエとの違いは?

この野菜コーディネーターは他の資格と違い、何級などというものはありません。
野菜コーディネーターは取得すればそれで資格取得になります。

同じく野菜の専門的な資格として野菜ソムリエがありますが、こちらは初級、中級、上級とランクが上がっていきます。

この点を考えても、難しいが先につながる資格が野菜ソムリエ。
野菜の事を自分なりに学びたい場合は野菜コーディネーターというふうに考えてもいいのではないでしょうか。

野菜コーディネーターの場合は、あとはその人がどう生かしていけるか、どう取り込めたか、そこから発展する資格とも言えますね。

>>ホールフード協会の公式HPはこちら